転職活動

SIerのSEからコンサルへの転職を目指すなら20代のうちに行動しよう!理由や活かせるスキルを解説

SIerからITコンサルへの転職というのは、コンサルティングファームがIT領域の実行領域への注力を進めるトレンドもあり、メジャーな選択肢の一つとなりました。

SIerで働く人にとっても、コンサルティングファームが担う最上流の戦略・企画領域から企業のデジタル化に携わりたいという考えも持つ人も少なくありません。

このような事情からSIer出身の転職者と、採用する側のコンサルティングファームのニーズはマッチしているのですが、SIer出身者がコンサルに転職するのは20代のうちが圧倒的におすすめです

今回は『SIerからのコンサルへの転職は20代のうちに行動すべき理由』や『活かせるスキル』について説明します。

SIerからコンサルへの転職に20代がおすすめの理由

SIer出身者はコンサル業界ではある程度のニーズがあります。

ただ、端的に言うとコンサル未経験の状態でSIerからコンサルに転職するのであれば、20代のうちに転職するのがリスクが小さく、有利です。

その理由を説明していきます。

コンサル業界のデジタル領域のケイパビリティ拡張トレンドとのマッチ

コンサルティングファームの業務領域は以前であれば、IT・デジタル戦略の立案のフェーズを中心に手がけており、実行フェーズと言われるシステム構築や運用面はSIerに任せるというのが一般的でした。

近年のデジタル活用が経営戦略に直結する、さらに実行までのスピードが非常に速くなっているという流れを受け、コンサルティングファームもデジタル技術を構築・提供する従来はSIerが担っていた領域へのケイパビリティ拡張を進める戦略をとるケースが多くなっています。

このような流れの中で、SIer出身者というのは、IT・デジタル領域の専門家として顧客へのシステム提供を担ってきた経験を持っています。

20代という若手であっても、SIerの中で基本的なITスキルを身に着けている点は、転職においても評価されやすいです。

また、IT領域のコンサルタントの特性として、常に新しい技術が次々と生まれ、絶えず新しい技術にキャッチアップしていくことが求められます。

SIerでの業務を通して、新しい技術へのキャッチアップの習慣が見についており、まだ吸収力の高い20代の若手というのはポテンシャルとしては非常に魅力的と言えます。

プレイヤーとしての能力(ポテンシャル)で転職できる

SIerからコンサルへの転職を目指すのであれば20代がおすすめの最大の理由はこれです。

未経験から高いアウトプット、ハードワークを求められるコンサルへの転職でいきなり成果を出すのは非常に難しいです。

さらに、30代に入ると、コンサルティングファームの中ではマネージャークラスがほとんどです。

転職で新たに採用する人にも当然、マネージャーとしての経験や資質を求めます。

自身がコンサルタントとしての経験がない中で、マネージャーとして自分よりも経験を積んだコンサルタントチームのディレクションやマネジメント、さらには案件の獲得といったマネージャーとしての役割で成果を出すのは非常に困難です。

実際に、私が所属していた大手SIerでも30代の課長手前の役職から、コンサルティングファームに転職して成果が出せず、1年以内にやめる人を複数名目の当たりにています。

単純な技術的なスキルとポテンシャル重視で評価してもらえるのは20代のうちのみで、20代のうちにコンサルタントとして入社し、経験を積んだ上でマネージャーを目指すというのが、一番リスクが小さいと考えます。

SIerでの教育によりベーススキルが身についているため取りやすい

特に外資系のコンサルファームではより顕著ですが、コンサルは中途の割合が高いです。

年齢に関わらず転職で入社する人は多いですが、基本的にプロジェクトの中で人を教育するというケースが多く、研修も非常に短期間であり
、中途採用のコンサルタントに一から教育するという制度があるコンサルティングファームは少ないのが実情です。

そんな中でも、中堅〜大手のSIer出身者はIT技術のベーススキルはもちろん、ロジカルシンキングやドキュメンテーションのスキルにおいても丁寧に教育されており、多少の実践経験も持っているケースが多いです。

そういった経験も評価もあり、中堅〜大手のSIerの出身者を積極的に採用しているコンサルティングファームも多いです。

コンサルタントとして仕事をする上での指導、経験は入社後も必要ですが、ゼロから教育する場合よりも教育コストのコスパが良いという観点で、若い20代のSIer出身者はコンサルティングファームでも積極的に採用される傾向があります。

SIerからコンサルで活かせるスキル

SIer出身者がコンサルティングファームに転職する際に、アピールできるスキルとはどういったものがあるのでしょうか。

営業系、開発系と自身が積んできた経験や専門性によって、以下のようなスキルや経験を活かすことが可能です。

営業系
  • クライアントのIT部門との関係構築
  • 要件の調整や見積もり等の営業フェーズでの折衝経験
  • 日系のクライアントとの人脈

SIerでPMやエンジニアとしての活躍されてきた方であれば

開発系
  • 業務設計からシステム要件の取りまとめ経験
  • 日本のクライアントの高い要求に答えるプロジェクトマネジメント経験
  • アプリや基盤等の技術的な経験・スキル

基本的には、コンサルティングファームがSIerの領域へのケイパビリティ拡張のために採用されるようなオファーが多いと想定されるため、SIerでのスキルや経験はそのまま活かすことができるケースが多いと思われます。

さらに、大手SIerでプライムベンダーの立場で上流の経験がある方は更に有利に転職活動を進めることができると思われます。

ただし、デジタル関連ではなく、経営戦略やマーケティング等の領域のコンサルタントを目指すのであれば、SIerでの経験は直接的には活かすことができない可能性があります。

その場合は、企画力やプロジェクトのドライブ力、ロジカルシンキング、ドキュメンテーション、、、といったスキルを抽象化してアピールする必要があるでしょう。

コンサル求人がSIer出身者に求めるスキル

SIer出身者が備えているスキルで見ると、以下のようなスキルを実績ベースで高いレベルで備えていることが求められています。

  • 日系企業(の特定の領域)における業務知識
  • 日本企業の業務設計からシステム要件定義経験
  • クライアントのステークホルダーとの関係構築・マネジメント
  • IT・デジタル関連技術の特定領域での高い専門性
  • システム導入プロジェクトでのマネジメント経験

また、SIerよりも個人に課せられるプレッシャーや期待される成果のレベルが高いため、そのような環境でも成果を出せる高い能力とドライブ力を兼ね備えた人材が求められています。

上記に上げたスキルが全てという訳ではありませんし、全てを身に着けいている必要はありませんが、期待値としては上記に上げたようなスキルがSIer出身者に求める王道のスキルだと思います。

SIer出身の20代のSEはコンサルでも通用するか

『20代でSIerからコンサルタントへ転職する人は本当に通用するのか』という不安を持つ人もいるかと思います。

結論から言うと『20代だからこそ通用する可能性が高い』です。

20代のコンサルタントというのはジュニアなメンバーとしてプロジェクトにアサインされるケースが多く、まだフォローが受けられる立場です。

SIerとコンサルタントでは業務をする上での視座の高さが異なる点もありますが、自身がSIerでの経験を活かせる領域をきちんと持てていれば、コンサルタントとしての仕事で足りない部分は周りがサポートしてくれます。

『コンサルタントとしての経験はこれから』という期待値で入社し、SIerで学んだ経験やスキルを活かして経験を積めば、コンサルタントとしての活躍も十分に期待できます。

20代でSIerからコンサルへの転職でおすすめの転職エージェント

最後に、20代でSIerからコンサルへの転職を考えた際に、利用すべきおすすめの転職エージェントについてご紹介します。

1.マイナビITエージェント

転職エージェント業界で最大級の規模のマイナビがIT系の業界での転職に特化して運営しているサービスです。

マイナビIT AGENTのおすすめポイント
  1. IT人材の転職動向に精通したキャリアアドバイザーからの情報提供が無料で受けられる
  2. 大手ならではの求人量と質(独占・非公開求人も多数)
  3. 大量の過去事例・ノウハウに基づく書類や面接などの選考サポートも無料で受けられる

マイナビIT AGENT公式HP

2.リクルートエージェント

マイナビエージェントと並んで、転職活動をする上では利用必須のサービスです。

業務経歴書や面接ノウハウをキャリアアドバイザーから共有してもらうだけでも利用価値ありです。

リクルートエージェントのおすすめポイント
  1. 大手ならではの求人量と質(独占・非公開求人も多数)
  2. 企業側担当からの過去転職者の事例や面接対策も共有あり
  3. 多くの過去事例からのノウハウが豊富でベストプラクティスを教えてもらえる

リクルートエージェント公式HP

まとめ:SIerからコンサルに転職するなら20代で挑戦すべし

これまでにご説明した通り、SIerからコンサルに転職するなら20代で挑戦することがおすすめです。

SIerでのスキルは十分に活かせることに加え、未経験からコンサルタントとしての経験を積めるポジションで入社できる20代のうちに挑戦してみましょう。

RELATED POST