転職活動

【大手SIerからの転職体験記】SIerからの転職先候補について解説

『SIerからの転職先の選択肢として、どんなものがあるんだろう』

日系の大手SIerに勤めていた管理人が、転職を考え始めた時に真っ先に悩みました。

実際の転職活動を通して感じた結論として、特にプライム(1次請け)のSIerでの就業経験がある人は非常に多くの選択肢があります。

今回は、大手SIer出身の管理人が考える『SIerからの転職先候補としての選択肢』についてお話していきます。

SIerからの転職先の選択肢は大きく5種類

実際に転職活動を開始した際に、自分のSIerでの経験を活かせる職種として、大きく選択肢は以下の5つになります。

SIerからの転職先候補
  1. ITコンサル
  2. 他のSIer
  3. ITサービス系(toB/toC)
  4. 外資系IT
  5. 事業会社(非IT)のIT部門

次にそれぞれの選択肢の中でSIerでの経験をどのように活かせるかを考えていきたいと思います。

SIerからITコンサルへの転職

SIerの中でも、大手のSIerから人気の選択肢です。

大手のSIerで、上流工程で経験を積んできた方は、その経験を活かし、SIerの担当領域よりも更にその上流のIT戦略の立案や、ITを活用した事業企画を担うコンサルタントとしてチャレンジしたいという方も多いです。

最近では、コンサルティングファームも、システムの実装等の下流領域までケイパビリティを拡張するケースが増えており、そういったファームでは、SIerとしてのITスキルや、プロジェクトマネジメント能力は十分に活かすことが可能です。

経営戦略や業務改革等のテーマの中で、ITシステム持つ重要性が増すにつれて、コンサルティングファームもシステムベンダ側のプロフェッショナルであるSIer経験者を積極的に採用する傾向があります。

SIer出身者に人気のコンサルティングファームの例としては以下が挙げられます。

  • アクセンチュア
  • デロイトトーマツコンサルティング(DTC)
  • PwCコンサルティング
  • アビームコンサルティング
  • ベイカレント・コンサルティング

高収入を目指す人・最上流で厳しい環境経験を積みたい人におすすめ

SIerからITコンサルへの転職は、年収がアップする可能性が高いです。

コンサルタントといえば一般的に高収入ですが、その分競争も激しく厳しい環境でもあります。

そういった環境で、最上流からIT戦略に携わりたいという人にはおすすめの選択肢です。

SIerから他のSIerへの転職

一口にSIerと言っても、Tier1(一次請け)SIerから、その下請けのSIerなど、システム開発工程の担当領域が異なります。

また、SIerの中でも、強みとするインダストリーが異なるケースもあります。

これまでよりも、より顧客に近い上流の立場でシステムを提供したい、公共系や金融系など特定の領域に強いSIerで経験を積みたい、という志向をお持ちの方もいるでしょう。

SIerからSIerへの転職は、当たり前ですが、スキルセットは同じものが活かせますし、スキルマッチという意味では最も相性が良い転職先となります。

また、近年のIT系人材の人手不足の影響もあり、新卒では入社難易度が高いSIer企業でも、即戦力となる他のSIerでの経験者は積極的に受け入れる傾向があるため、転職で新卒で入れなかった大手SIerに挑戦する、というケースも多く聞きます。

SIer経験者に人気のSIerの例としては以下が挙げられます。

経験を活かしたキャリアップを目指す人におすすめ

直接的に経験を活かせるため、転職後に通用しないというリスクが小さい選択肢です。

これまでの経験を活かし、より上流へ、自身の志向する業界に強みを持ったSIerで挑戦をしたい、という人におすすめです。

SIerからITサービス系(toB/toC)への転職

SIerではなく、サービス型でITサービスを提供する企業への転職も、SIerからの転職先として人気があります。

SIerでは、『顧客の要望に合わせてその通りにシステムを納品する』ことが仕事となります。

その一方で、『自分たちでユーザーニーズを調査し、ユーザーに広く使われるための要件を考え、プロダクトを開発する』ITサービス企業はSIerのような受託型でシステムを開発することに飽きた人から人気の選択肢のひとつです。

SIerの場合は、顧客のサービスや社内のシステムを開発しますが、自社サービスの開発というのはそれとは違ったやりがいを感じられる職種となります。

ITサービス企業においても、SIerで培ったITスキルや、プロジェクトマネジメント能力は十分に活かすことができます。

ただし、SIerの場合は、下流工程は下請けの協力会社に任せることも多いですが、自社でITサービスを提供する企業の場合、実装まで内製化しているケースも多いため、ある程度の実装能力も求められる場合があります。

SIer経験者に人気のITサービス企業の例としては以下が挙げられます。

  • リクルートテクノロジーズ
  • ZOZOテクノロジーズ
  • サイボウズ
  • sansan

自社サービスに関わりたい、広く使われるITサービス開発したいという人におすすめ

ITサービス企業の面白さは、SIerのそれとは異なります。

自社のサービスがどれだけ広がり使われるか、というところに面白みを感じるという方、SIerで身につけた技術力を試したいという方におすすめです。

SIerから外資系ITへの転職

外資系ITという括りも広いですが、GoogleやAWS、Microsoft、Salesforceなどの外資系のメガIT企業もSIerからの転職で人気の転職先です。

こういった企業は、待遇も日系の企業とは比べ物にならないほどよく、実力主義の文化が強いため、非常に優秀な人材が集まっており、転職難易度もかなり高いです。

技術系の特定の領域での尖ったスキルはもちろん、チームワーク、ハードワーク、コミュニケーション能力、英語力など、総合的に非常に高い能力が求められます。

大手のSIerの出身者であっても、簡単には入社できないほど、採用のは非常に狭き門ですが、入社段階で能力の見極めも厳しく行われているため、選考を突破し入社た場合に、付いていけないということは少ないです。

外資系ITであっても、SIer出身者の能力や重宝されており、技術部門でR&Dをしていたようなテクニカル人材や、顧客向かいに要件定義や折衝を行ってきたようなPMのスキル、顧客システムの保守でのサポート経験など、活かせるスキルは多くあります。

SIerからの転職で人気の外資系IT企業としては、以下のような企業があります。

  • Google
  • Microsoft
  • AWS
  • Salesforce
  • SAP

実力主義の環境でスキルを試したい、高給を得たいという人におすすめ

外資系のIT企業は、魅力的な給与体系やグローバルで最先端のサービスに携われるなど多くの魅力があります。

日系の企業の人事制度とは異なり、完全な実力主義の環境なので、そういった環境で自分の実力を試したい、という高い成長意欲を持っている方にはおすすめです。

ただし、入社の難易度も非常に高いため、現時点で客観的な能力や実績が突出している方にのみ与えられる選択肢とも言えます。

(非IT系)事業会社のIT部門

システムベンダーとして使われる側から、使う側の事業会社のIT部門へ転職するという選択肢です。

コンサルやSIerへ発注する側の立場となり、よりITを活用した事業の高度化や業務改革に責任や権限が強い立場となります。

注意しなければ行けないのは、事業会社のIT部門というのは役割が非常に広く、自分がどの立場のチームに配属されるかによって仕事の内容が大きく異なります

例えば、最先端のIT技術を活用した経営の高度化やIT戦略を立案するようなIT推進・企画部門もあれば、特定システムの導入・保守、社内OA環境で端末の管理など、多くの役割があります。

自分がどのような立場で、ITを活用して事業に貢献していきたいかを具体的にイメージしておく必要があります。

SIerとしてベンダー側での経験というのは、事業会社でももちろん役に立ちます。

事業とITの一体化が進む今の環境において、事業会社のIT部門の役割というものも変わってきており、SIer出身者のような高度なIT知識を保有しており、実際に企業への導入経験がある人材というのは、重宝されています。

事業に直結する立場でITを活用したいという人におすすめ

事業の中からITを活用した企画や導入、運用を行う立場になるため、事業の当事者の立場でシステムに関わることのやりがいは大きいです。

社内SEというと、比較的まったりしているイメージがありますが、これは任される役割にもよるので、過度に期待しない方が良いでしょう。

SIerからの転職の地雷パターン:ベンチャーへ転職

今回選択肢に入れていない中でも、SIerからの転職者が一定数いるのがITベンチャーへの転職です。

特に大手のSIerで勤めていた人に多いですが、スタートアップに憧れてITベンチャーに転職し、スキルセットが合わずに短期間で辞めていく人を多く見ています。

スピード感の違いや、SIerのような分業体制での仕事に慣れてしまっているため、自分の価値を発揮できず、最終的に辞めてしまうという流れです。

もちろん全員がそうだということは無いですが、ある程度の期間大きなSIerの組織で働き慣れた後ではギャップが大きいというのは事実だと思います。

ITベンチャーへの転職を検討する場合は、そういった環境だという覚悟を持った上で応募しましょう。

最後に

今回は、大手SIer出身の管理者が実際に検討していた、SIerからの転職先候補のパターンを5つご紹介しました。

ご紹介した内容から感づいた人もいるかも知れませんが、SIer出身の人材というのは、IT関連の多くの業界・職種で積極的に採用されています。

SIerである程度の期間経験を積んだ方であれば、市場価値は高く選択肢は多いので、『自身が何をやりたいか』と向き合って、積極的にチャレンジしてみることをおすすめします。

SIerからの転職者は転職市場でも非常に人気なので、転職エージェントや企業から直接オファーが来る転職サイトを活用することで効率よく転職活動を進められると思います。